霜降り明星・粗品  【優勝続きで運が良すぎ・・・】

2020年07月02日

ミキ亜生(弟)  【なぜ弟ばかり、もてるのか?】

テンポいい掛け合いで数々の漫才新人賞を獲得してきたのが、

漫才師ミキ、


そのボケ役が亜生である。


母に子供の頃から「芸人になるな」と言われ続けた。


実は、母は上岡龍太郎の父の後妻の娘で、

上岡とは異母妹。


だから長く芸人の苦労を見てきたのだ。

ちなみに亜生は、上岡とは小さい頃、数回会っただけだという。


イルカの調教師になりたくて静岡の東海大学海洋学部に入学したが、

ランクトンなど小型生物を学ぶ学科に入ってしまい、

夢を断念。


次にサッカー経験があるので、

静岡で
フットサル選手を目指し

大学選抜に選ばれたが、


食べていけないと知り諦めた。


就活をして訪問介
護の会社に就職。

車に風呂をのせて訪問し、老人の入浴を介助する「訪問入浴」の重労働を1年やり続けた。


アパレル会社に転職しようとしたが、

芸人への夢忘れられず、

兄とついに漫才コンビを結成。

母は大泣きした。


兄は4年間どんなオーディションにも受からなかったが、

弟とコンビを組んだら1か月後に受かった。

兄から「すごく苦労するぞ」と言われたのに。



でも順調にスタートし、

女性ファンの人気は弟に集中。


大阪でテレビに出
てるのは弟ばかり。

兄が舞台終わりに行列を見て


「なんの列ですか」と聞いたら「弟の列ですよ」

と言われた。


イルカの替わりにダメな兄をいつも調教できて、

結局、夢をかなえた人生といえるのでは。    (2019年6月 執筆)

 

 

 



imayan0714 at 14:06│Comments(0)芸人コラム 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
霜降り明星・粗品  【優勝続きで運が良すぎ・・・】